矯正歯科でNOコンプレックス|矯正は強制じゃないが行なうべき治療

子供と大人の違い

歯科

自分の歯の事で悩んでいる方も結構います。その原因が歯並びという方も多く、自分ではどうする事も出来ないところが歯がゆい場所でもあります。コンプレックスだとわかっていても矯正歯科で治療を受ける以外に方法がないというのはわかりやすくて良いですが、費用などの問題もあり放置する方が増えています。歯の矯正にはタイミングもあります。子供か大人かで変わってくるので、その違いを知っているとお子様などの治療をするかどうかの判断材料となるでしょう。子供の治療の適正年齢は6〜7歳ごろが最も効果的といわれています。高学年頃になると、上顎の成長が終わっていることも多いので、成長が止まってしまう前に治療をした方が効果的だと言われています。永久歯などにも関わってくるので、早めの内に治療しておいた方が良いのです。神戸などの都市部では早めに治療を行なう過程が多く、キレイな歯並びをしている人を街中で見かける事が出来ます。神戸に限った事ではないですが、地域全体で意識をすると矯正歯科に通いやすくなります。

歯の矯正の適正年齢は6〜7歳ですが、大人になってからでも矯正治療をする事は出来ます。ですが、成長期に比べると移動速度が遅くなってしまうので、子供の頃に治療を受けるよりも治療期間が長引く事が多いです。逆に考えると、歯がほとんど移動しないということなので、今後の計画は立てやすいということになります。永久歯などの問題も一緒に診察する事が可能なので、現状の歯の状態を踏まえた上で将来性もしっかりと考えられたプランを立てる事が出来ます。矯正歯科で治療を受けれるかどうかの判断基準として、歯茎の健康状態があります。歯茎が健康な状態であれば基本的に治療を受ける事ができ、出っ歯やすきっ歯でも関係なくほとんどの現象の治療が出来ます。矯正する前には医師との相談が必要になりますので、そこで気になる点を聞きましょう。値段や費用、治療期間などの目安もわかるので、疑問点は最初で聞いておくと不安がなくなります。自分の歯のためにも効果的な手段をとるようにしましょう。神戸のように良い矯正歯科が多い地域だと安心して治療を受ける事が可能となります。

Copyright (c) 2015 矯正歯科でNOコンプレックス|矯正は強制じゃないが行なうべき治療 All rights reserved.