矯正歯科でNOコンプレックス|矯正は強制じゃないが行なうべき治療

治療の期間が異なる

歯科

歯の矯正をしたいけれど、治療期間が長くて通っている間が大変というイメージが定着しているようです。確かに、治療期間が長いですが、一度治療してしまえばその効果は半永久的と言っても過言ではありません。また、歯や顎の状態によっては早めに治療が終わる可能性もあります。人によって治療期間が変わってきますので、まずは矯正歯科で診察してもらうと良いでしょう。すき間を治す治療であれば、マウスピースなどを活用することによって治療する事が可能です。早ければ半年くらいで終わることもあります。ブラケットを使用して治療する場合は、1〜3年程かかります。歯の裏側から矯正するので、修正速度が遅くなってしまうのです。セラミック法であれば、2〜3ヶ月の治療で治すことも可能となっています。神戸などでも良く行われている治療方法です。神戸はおしゃれな方が多いので治療も早く終わらせたい人が多いようです。神戸の歯科はメニューなども揃っている事が多いので、治療する地域としては最適な地域となっています。

矯正歯科での治療は長期間に渡って行なう事が多いので、しっかりとした心構えが必要となります。状態にもよりますが、ながければ3年程かかる可能性もあるので、治療するのに覚悟が必要になるでしょう。ブラケット治療法を選択した場合は、歯の全面部分ではなく裏側から治療をするので効果が遅いです。見た目が良くなる分時間がかかってしまいます。通院する頻度としては一ヶ月ペースでの頻度となっています。ブラケット治療が終わった後もリテーナーという装置を使って治療する事が多く、こちらも長期的な治療方法となります。通院期間はブラケットと同じで月一ペースで矯正歯科に通う必要があります。長期的治療が嫌ならば、セラミック治療を用いて素早く終わらせると良いでしょう。2〜3ヶ月で効果があり、後戻りする可能性もほぼありません。4〜5回ほどの通院で終わることも多いので、ライフスタイルへの影響がかなり少ない治療方法となっています。治療方法によって矯正歯科に通う頻度は異なります。自分のプランに合う方法とマッチさせる事で、治療へのストレスを少なくする事が可能となります。

Copyright (c) 2015 矯正歯科でNOコンプレックス|矯正は強制じゃないが行なうべき治療 All rights reserved.